開く
閉じる

楽しいお部屋を探したい

賃貸生活をアップデート! 独立風呂ではなく「銭湯」とともに暮らす

賃貸を選ぶ際、悩みどころの「バス・トイレ別」という条件。しかも風呂は足が伸ばせなかったり洗い場が極端に狭かったりすることも少なくありません。そこで「大浴場」を我が物にする物件選びを紹介します!

賃貸風呂を放棄!?  代わりに手にいれるのは「大浴場」

「バス・トイレ別」物件で賃貸住宅を探しているんですが、その条件だと賃料が割と高くて。しかも、風呂もかなり狭いのでなかなか選べずにいるんですよね……。

一概に「バス・トイレ別」といっても、浴室が狭いケースが多いなど、理想と現実の間でギャップがあることも少なくありません。そこで今回おすすめしたいのが「フロ近」物件です!

フロ近……!?

はい! 要するに、銭湯が近い物件です。首都圏で、バス・トイレ別の物件は一体型と比べて10,000〜15,000円くらいの家賃上昇が見られます。都内の銭湯1回の入浴料金は460円、30日通ったら13,800円。30日分の回数券を買ったとしても12,900円。この金額って、バス・トイレ別物件の差額と一体型の差額とほとんど同じですよね? しかも、風呂にかかっていた水道代も加味したら、銭湯暮らしの方が安くなる可能性すらありえます。なので、あえて一体型の物件(なんなら風呂無しの物件)を選んで、近くの銭湯を自宅のお風呂代わりに利用してみるというのもアリだと思いますよ!

狙い目は「大田区」! 黒湯のある生活で銭湯ライフを満喫する

想像もしなかった暮らし方ですが、特段出費が増えるわけではないのでとても魅力的に感じました!

しかも! 都内の銭湯は、天然温泉の「黒湯」を引いているところが多いんです。黒湯は古代の草木や海藻が溶け込んだ温泉で、お肌にも良いと言われています。さらに広い湯船の中で手足を思いっきり伸ばして動かすと、水圧が適度に筋肉を刺激して末梢神経が広がり、血のめぐりが良くなることも。そんな魅力だらけの銭湯が、都内で一番密集しているのが「大田区」です。特に「蒲田」周辺エリアは黒湯の銭湯も多くあり、なおかつ比較的賃料の安い物件も多いので狙い目です。

お目当の銭湯近くの物件をリサーチすることから始めよう!

お話を聞いていて、銭湯のある暮らしが良いと思えてきましたが……、「銭湯が近い」なんて条件は賃貸サイトじゃ検索できないですよね?

例えば、大田区の物件に絞るだけでもお目当ての銭湯付近の物件はきっと見つかるはずですよ!

この際、大田区で物件を探してみるのも良さそうですね!

こんな話題でお悩みではありませんか?

NEW
NEW

所有から共有へ。生活圏をぐっと広げるカーシェアリング生活!

「車のある暮らしをしたいが駐車場代がバカにならないため、諦めている……」。そんな賃貸ユーザ...

NEW
NEW

騒音トラブルの心配がない物件で、ストレスとは無縁の生活を!

賃貸トラブルの中でも特に耳にすることが多い「騒音トラブル」。思っている以上に些細な音でも問...

NEW
NEW

お部屋探しの前に知っておきたいハウスメイトnaviの活用法

「物件のこと何でも話せる友がいる」。そんな感覚で使える「ハウスメイトnavi」で、理想の物...

あなたの賃貸暮らしが豊かになるお話