開く
閉じる

楽しいお部屋を探したい

騒音トラブルの心配がない物件で、ストレスとは無縁の生活を!

賃貸トラブルの中でも特に耳にすることが多い「騒音トラブル」。思っている以上に些細な音でも問題を引き起こす可能性があり、何かと注意が必要です。入居前に想定していなかったトラブルに悩まぬよう、事前知識を持って回避しましょう。

騒音トラブルになるケースって?

マンション住まいということもあり、子供の走り回る音などで騒音トラブルにならないかが心配です。

テレビの音といった普段全く意識していないようなちょっとした生活音ですら騒音トラブルになるケースがあります。元気なことは良いことなのであまり神経質になる必要はないと思いますが、子供の走り回る音や赤ちゃんの泣き声などが理由でトラブルになったというケースもないわけではないというのが実情です……。まずは、次の表を見てみましょう。

住環境や個人差はありますが、気になっている子供の走り回る音はだいたい40〜60db、赤ちゃんの泣き声は80〜90db程度と言われています。数字だけでいうと確かに大きな音になりますので、事前に隣人の方々に赤ちゃんがいることなどを共有しておけるとトラブル回避につながるかもしれませんね!

「楽器可能物件」で、ひそひそ暮らしとおさらば!

意外にも子供の走り回る音や赤ちゃんの泣き声って大きいんですね。確かに、事前に赤ちゃんがいることを伝えるか伝えないかだけでも大きな違いはありそうですね。

そうですね。あとは、騒音の感じ方は人それぞれであるため、たとえ自分が気にしていなくても相手が騒音と感じてしまうことがあるのが騒音トラブルの難しいところ。かといって毎日音に気を遣いながら生活するのはストレスですよね。そんな時のさらなる工夫としては、防音性の高い物件である「楽器可能物件」を検討してみるのもオススメです!

なるほど! 別に楽器を演奏するわけじゃなくても、「楽器可能物件」であれば多少大きめの音を出しても問題ないということですね。

そのとおりです。「楽器可能物件」と聞くと「音楽をする人」と考えがちですが、生活の騒音を気にせず暮らしたいといった人にも最適な物件なんですよ。なんせ、普段の生活音に気を遣わず生活できるので。しかし、通常の賃貸物件よりは数が限られているのが現状です。

数が少ないとなると、早速調べていきたいところですが……どうやって調べるのが良いんでしょうか?

こんな話題でお悩みではありませんか?

超簡単DIYインテリア術! 始める前に知っておきたいコツと注意点

自分好みの物件がなかなか見つからず物件選びに苦戦している人も多いのではないでしょうか? そ...

賃貸トラブルにならないために。 カギは“居住者同士”の交流にあり!?

走り回る音や、ゴミ、ペットの臭い、明らかなマナー違反など賃貸住宅でのトラブルが後を経ちませ...

ハウスメイトには安心・安全を守る
プロフェッショナルチームが存在した!

HMSYSTEM24(ハウスメイトシステム24)。それは24時間365日、入居者の暮らしを...

あなたの賃貸暮らしが豊かになるお話