開く
閉じる

楽しいお部屋を探したい

退去時に差がでる! 日々の暮らしで心がけたいお部屋での過ごし方とは

引っ越しの際に気になるのは、これまで暮らしていたお部屋の敷金の精算。そこで今回は退去時の敷金清算で、少しでも金額を押さえるために賃貸のお部屋で暮らすときに気をつけるといいポイントをご紹介します!

敷金清算時の請求事例とは?

お部屋の退去時には敷金の清算を行うと思うんですが、普通に生活しているだけでも劣化は防げないし、どうしても金額が上がってしまう印象が……。何かよい方法はないのでしょうか?

そうですね。一般的な経年劣化は防ぐのが難しいですが、日々の生活の中でほんの少し気をつけるだけでも変わってくるポイントはいくつかあります。まずは実際の敷金清算で請求対象になりがちな例を見ていきましょう!

お願いします!

まずはクロス(壁紙)に関する請求例です。

CASE1:喫煙などによるヤニでの変色や臭いの付着

CASE2:つっかえ棒によるキズ跡

CASE3:天井に自分で取り付けたシーリングライトなどのキズ

なるほど……。確かにやりがちですね。

フローリングなどの床に関する請求例も、近いものがあります。

CASE1:引っ越し時についたひっかきキズ

CASE2:重い家具を置いたことによるへこみ

CASE3:落書き

他にも多いのが洗面台やお風呂場などの水回りです。

CASE1:掃除や手入れを怠って生じた水垢

CASE2:結露を放置したことで拡大したカビ、シミ

CASE3:ガスコンロ置き場や換気扇の油汚れ、すす

これらはあくまで一例ですが、現場でも実際によく見かけますね。

身に覚えがありまくりです……!

日々の生活で「お部屋」を労ろう!

やっぱり普段の生活が直結している部分が多いですよね。

そうなんです。だからこそ、日々の生活でほんの少し気をつけるだけでも変わってくるポイントだったりするのです。例えば煙草であれば、換気扇の下で吸ったり空気清浄機を設置することで壁紙の汚れはずっと少なくなります。また、フローリングに重い家具を置く時には間にゴムマットなどを挟むなど、ちょっとした心がけでキズを減らすことが可能です。

そうですよね……! もうちょっと気を配れれば、とは思うのですが……。

もちろん、常に気を張りながらの生活は息苦しいものですから、頭の片隅に置いておくくらいがちょうどいいですよ!

それでも見知らぬキズなどが発覚したら?

例えばですが、長いこと同じお家に住んでいて、いざ引っ越しになった時に見知らぬキズができている。なんてこともありますよね?

自分でつけたのか、元々あったものなのかがわからない。といった場合ですね?

そうです!

その場合はハウスメイトの「お部屋+(プラス)」の入居時フォトサービスがおすすめですね。ハウスメイトの管理物件であること、且つ「お部屋+(プラス)」への加入(無料)が条件となっているのですが、引っ越し前のお部屋のキズや汚れなどを写真で登録し、記録として残しておくことが可能です。

写真が証拠になるわけですね! それは安心できそう!

こんな話題でお悩みではありませんか?

賃貸管理会社は「お部屋探しからその後の暮らし」の心強い味方!

賃貸マンションや賃貸アパートの管理会社って普段あまり意識することはないかもしれませんが、実...

知らないと損する!? 退去時は洗濯機のアレに注意!

引っ越しの際に気になるのは、これまで暮らしていたお部屋の敷金の精算。差し引かれる金額はなる...

ちょっと待って! お部屋の勝手なカスタマイズはNGかも!?

快適な暮らしのためにお部屋を自分好みにカスタマイズしていこうとお考えの方もいらっしゃるので...

あなたの賃貸暮らしが豊かになるお話